アイアクトの使い方で効果は変わる!?効果的な3つのポイントとは?

急に、顔の半分が固まったように動かなくなる・口が開かない・・・。
顔面神経まひは、ある日突然、ストレスを多く感じている人に現れることが。

顔半分が、自分の意思とは無関係に引きつってゆがんでしまうのです。

・口角が下がって、飲み物やよだれが垂れてしまう
・目を閉じることができない
・口を、口笛を吹く形ができず口笛が吹けない
・おでこにしわを寄せることができない
・味覚に異常を感じる
・耳の聴こえ方が、響き、大きく聴こえるように感じる。

以上のような症状が出てしまうと、
治す期間も個人で差が生じます。

顔面神経まひになった人は、この先どうなるのだろうと不安で、
心底悩む方がたくさんいるというのが現実です。

>>アイアクトで顔面神経麻痺に効果の出る使い方はコチラ

アイアクトの効果を得る3つのポイントとは?

顔面神経まひになった場合、まず早期に
顔半分の引きつり対策を始めることが、とても大切です。

①アイアクトを1日でも早く使い始める
②アイアクトは毎日使用を続ける
③アイアクトは適量使う

ポイントはこの3つ、効果を得るにはこのポイントを
押さえておきましょう。
では、更に詳しく説明します。

アイアクトを1日でも早く使い始める

アイアクトを1日でも早く、早期に使い始めることと、
顔に対するリハビリを開始すること、

これが顔面神経まひの症状を良くする秘訣です。

顔面神経まひの症状が出たら、まず医療機関を受診し、
治療と同時進行でアイアクトを使ってマッサージをする、
これが大切です。

アイアクトの購入者特典として

『顔面神経麻痺共同運動対策マッサージ』をプレゼント、
こちらを参考にして毎日マッサージを続けてみましょう。

顔面神経まひは、早期対策が一番大事、
アイアクトの使用を早く始めましょう。

アイアクトは毎日使用を続ける

顔面神経まひに対してアイアクトは効き目がありますが、
毎日使用を続けなければ効果は得られません。

アイアクトには顔の半分の引きつり専用に開発された独自の成分を配合。

『オシリフト』『アルジルリン』『プロジェリン』をトリプル配合。

これら3つの成分がボトムアップ乳化をし、
直に皮膚へ浸透するのです。

引きつりたるんだ眼瞼繊維にアイアクトを塗ることで、
オリシフト・ボトムアップ成分が皮膚を整えてくれます。

毎日使用することでアイアクトの成分を常時皮膚に浸透・行き渡らせます。
1日でも早く顔の引きつりの改善を図りましょう。

アイアクトは適量使う

顔面神経まひに効き目があるアイアクトですが、
塗る時に使用量や塗る範囲が少ないと
効き目が得られにくいことがあります。

引きつっている方の顔半分にやさしくのばすように塗ります。

口角だけ・目の部分だけ…など、部分的塗るのではなく、全体に塗りましょう。

顔の引きつりが強く出ている人は、顔全体的に塗ることで効き目がアップします。

更に、アイアクトを1日3回使用することで、効き目が持続し、安心です。

・朝:毎朝のスキンケアのあと、メイクの前に塗りましょう。
・昼:外出先や緊張する前など、気になった時にすぐ、メイクの上から塗りましょう。
・夜:入浴後や寝る前のスキンケアのあとに塗りましょう。

アイアクトをやさしくマッサージしながら顔に塗り込むことで
効き目が上がります。

ストレスを解消も大切なポイント

顔面神経まひに効果的なクリーム、それがアイアクト。

アイアクトを使うことと同時に
顔面神経まひが起きた基となる原因であるストレスの解消が大切です。

アイアクトを使うことと同時に、
ストレスの解消も心がけましょう。

アイアクトをお使いいただいている多くの方は、
ストレス解消されながら日々の生活を過ごされています。

アイアクトを使う時の3つのポイントと並行して、
ストレスの解消に努めることが効果を得るために重要なこととなります。

>>アイアクトの使い方で変わる!顔面神経麻痺に効果の出る使い方はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする