アイアクトが効かない人にはある理由が!効果のなかった訳は?

アイアクトは、顔半分の引きつり用に開発されたクリームです。

・口角からよだれがたれる
・口角が垂れ下がる
・目を閉じられない
・口をとがらせて口笛が吹けなくなる
・額にしわを寄せられない

すべてに対応できますが、中には効かないという人がいます。

効果のなかった理由は、以下のことが考えられます。

使用量が少ない?

アイアクトは引きつっている側の顔半分に軽くのばすように塗布して使います。
症状が強い方には顔全体に塗ると効果が高まるとされています。

それを一番気になる口角だけに塗ったり、額だけに塗ったり、顔のほんの一部分だけ
に塗るだけだと、せっかくのアイアクトの効果が出しきれません。

使用量が少ないことも、効果がない原因のようです。

ほんのちょっとだけ塗るのではなく、全体的にまんべんなくのばして塗りましょう。
また、引きつりが強い人は、首や肩にも使うことでケアの効果が高まります。

使用回数が少ないかも・・・

アイアクトは、朝のメイク前、日中の気になる時、夜のお風呂上りや就寝前に使えます。

1日1回の使用で効果をいまひとつ感じられない人は、使用回数を増やしてみましょう。
使用回数を増やせば、効果が現れる可能性があります。

また、アイアクトは持ち運びが便利なようにコンパクトな大きさになっています。
いつもバッグの中に入れておいて、外出中や緊張する仕事の前、
緊急時にもサッと塗るようにしましょう。

毎日継続して使っていない!

アイアクトは毎日継続して使用することで、効果が現れてきます。

使ったり使わなかったり、思い出した時に使うなど、まちまちな使用を繰り返していると、
アイアクトのせっかくの効果が発揮できなくなります。

毎日継続して使い、アイアクトの効果を実感するようにしましょう。

>>アイアクトが顔面神経麻痺に効くためには使用量を守って毎日使ってこそ効果があります!

過度のストレスのため

顔半分がひきつる原因は、過度の精神的ストレスやウイルス感染に原因があると
考えられています。

ストレスを受けることで、皮膚が固くなり引きつり、固くなった皮膚組織が筋肉や神経を圧迫し、
顔半分が引きつるようになります。

その症状がさらなるストレスになり、顔半分が引きつりが繰り返されることになります。

まずは、ストレスの原因を根本的に解消させることが先決です。

ストレスの解消が、顔半分の引きつりの改善につながりますので、治療と同時進行で行う必要があります。

しかし、ストレスの原因を放置したままにしておくと、顔面神経麻痺が改善するのは
遅くなると考えられます。

ストレス以外の誘因

顔面神経麻痺を起こす原因は、ストレス以外にもあります。

クーラーの冷気や風が顔に直接あたる環境が続けば、顔の引きつりは引き起こされます。

また、飲酒や過労も誘因となる場合がありますので、その誘因を遠ざけることも大切です。

生活環境の改善を努めることが重要だということです。

ケアするスタートが遅れたため

顔面神経麻痺の治療は早く開始するほど予後が良いと言われています。
症状の出現から3~4日に治療をスタートすることが最も重要です。

2週間を過ぎると手遅れとなる場合があるといわれていますので、できるだけ早く医療機関を受診し、
ケアをスタートしましょう。

中枢性の顔面神経麻痺の場合

原因が明らかでない末梢性の顔面神経麻痺の70~80%は後遺症もなく治ることが期待されています。

顔面神経麻痺のほとんどが、ストレスなどの影響で起こる末梢性の顔面神経麻痺だと言われていますので、
治療開始が早ければ改善は期待されます。

しかし、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、その他の病変により、顔面神経の経路が障害を受ける
中枢性の顔面神経麻痺の場合は、まずはその治療を行うことが先決です。

部位によっては根本的な治療が困難で、顔面神経麻痺が残る場合があります。

まずは、末梢性の顔面神経麻痺か、中枢性の顔面神経麻痺か、診断によって
治療法も変わってきます。

まとめ

アイアクトが効かない理由をまとめてみますと、

・使用量が少ない
・使用回数が少ない
・毎日継続して使っていない
・過度のストレスのため
・ストレス以外の誘因
・ケアするスタートが遅れたため
・中枢性の顔面神経麻痺の場合

以上の理由によるものが多いようです。

アイアクトを効果的に使用するためには、

・アイアクトをまんべんなく顔半分または顔全体に塗布する
・1日2~3回に使用回数を増やしてみる
・毎日使い続ける
・アイアクトを併用しながら、ストレス解消を試みる
・生活環境の改善
・早い段階でアイアクトの使用をスタートする
・中枢性の顔面神経麻痺の場合、根本的な治療が必要

このようなことが大切です。
1日も早くアイアクトを使用して、顔面神経麻痺を改善に導きましょう。

>>アイアクトが顔面神経麻痺に効くためには使用量を守って毎日使ってこそ効果があります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする